金属疲労!

草刈り作業が続きますが、草刈り機が壊れました。
現在の乗用草刈り機は2015年8月に購入、もうすぐ3年になろうとしています。
そろそろ金属疲労が現れる時期でしょか?


補助輪により刈り取りの高さ調整をする部分の溶接が取れました。


早速、分解して破損部品を取り外します。


溶接して塗装して

組付けます。
たぶん新品の時より頑丈になったでしょう!

 

カテゴリー: 農業機械 パーマリンク