低走行車!

ゴルフⅢカブリオ、現状での引き取りなので、しばらく乗ってからダメ出しして整備をして行きます。
実はこの車、年式(1998年)の割に極めて走行距離が少なく29,700㎞です。
なのにワンオーナーで、車検を切らすことなくディーラーにて整備されていた車なのです。
まあ、これが購入の決め手にもなっていますが・・・。

乗った感じ、ヤレた感じは無く各部はとてもカチッとしています。ただゴムとプラスチック部品は劣化している物がありますね。質実剛健と言われるドイツ車でも、ゴム・プラスチック関係は日本車以上に早く劣化しますね。(日本の気候が厳しいと言う説がありますが)
そんな意味からもベルト類の交換は早いうちに行いたいですね。
タイミングベルトの交換、整備記録簿を見ると、なんと5000㎞前にしています。
それが11年前なのです。(10年間で5000㎞しか走らなかったみたいです)

まずは以下の部品の交換から始めます。

■タイミングベルト
■オルタネーターベルト(コンプレッサー)
■パワステベルト(Wポンプ)
■ウォーターポンプ
■サーモスタット

まだ洗車もしていません。

きっと磨けばピッカピカ!になるはずです。

カテゴリー: クルマ&バイク, ゴルフⅢ カブリオ パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です