Vol. 2 まずは情報収集 (2001/02/27)

色々な情報が溢れるこの時代、古いトラクターの情報はといいますと、これがとっても少ないようです。まあ、求める人が少ないのですから当然と言えばそれまでです。それでもI.Tの時代、インターネットを駆使して北海道にある農機具の博物館「土の館」なるHPにたどり着く事ができました。 このHPには北海道開拓と共に活躍したトラクターの画像が数多く掲載されています。綺麗に再生された多数のトラクターの画像を見て、実車を是非見たいと思いますが、北海道は遠すぎますね。でも、いつかは訪問してみたいです。このほかの情報として、4輪のレストア雑誌で古いトラクターが2回ほど特集されたことがあり、ある程度の情報は得る事ができました。
情報を収集した上で、まず狙いを付けたのがイセキの1965年頃のトラクターです。時代をとても感じられるデザインであり、かのポルシェのトラクターにうり二つ。技術提供を受けたのか、コピーに近い生産をしたのかは定かではありませんが、あまりにも酷似しています。私としてはポルシェブランドのトラクターが手に入ればと思ったのですが、輸入された数からして、限りなく不可能に近いでしょう。メーカーに拘らなくても、当時のトラクターの姿はブリキのオモチャや写真でしか見たことが無いような気がしてきます。現実的な話としては、メーカーには拘らず1960年代の実動再生可能な物を探し出す、そんなことから始めて見ようと思います。企画倒れで終わらなければよいのですが・・・。
1963(昭和38)年 (画像提供 土の館)
 ポルシェ社製トラクター(西ドイツ)
 329型 32馬力
1965(昭和40)年 (画像提供 土の館)
 ヰセキ社製トラクター
 TB-17型 16.5馬力 822cc
最新モデル
 ISEKI社製トラクター
 TM-17型 16.5馬力
1964(昭和39)年 (画像提供 土の館)
 ヰセキ社製トラクター
 TB-20型 20馬力 1055cc 
最新大型モデル
 ISEKI社製トラクター
 T-1355型 135馬力

戻る