Vol. 5 どなどなどーな(2001/03/20)

「♪あ〜る晴れた昼下がり、我が家へ続く道・・・どなどなどな〜どな♪」 と、言うことで、運搬作業の開始です。
手段はと言いますと、不動車の運搬にはユニック付きの回送車が打って付けです。今回も我が友人の手助けによる作業の開始です。
今回、二台のトラクターを運ぶ段取りとして、一台目は欠品が殆ど無いのですが、二台目(部品取り車)は前輪2本がありません。まず、一台目を回送車に乗せたら前輪を外し、二台目に装着してつり上げできる場所に移動して積み込まなければなりません。
後ろに牽引してつり上げられる場所まで移動
全体の姿が現れます。
まずは一台目をつり上げて積み込みます。

納屋から二号機を引き出しました。
後ろで作業をしているのは我が友人の【栄ちゃん】です。
二台目もつり上げます。

無事、二台揃って積み込みました。 そして我が家へと向かいます。

こうして二台のトラクターは、我が友人の手を借り、無事、我が家へやって来ました。(栄ちゃんお世話になりました)
貴重な2台を雨ざらしにする訳には行きません。レストアベース車は私の趣味の整備工場へ入庫。部品取りとなるもう1台を物置の中へと押し込みます。2台のトラクターはギヤーのフリクションが大きいせいか、岩を動かすかのような重さで存在を誇示します。我が家のトラクターで移動できる所まで牽引し、最後は長いパイプをテコに使って3人掛かりでヨッコイショです。大の大人3人で汗をかきながらの作業で無事完了しました。
【今日の教訓】 「動かないトラクターを押すのは筋肉痛の元」
さあ、次は30数年前のトラクターのメカニズムは・・・興味津々。

戻る